top of page

【特集】BYDの電気自動車(EV)の評判を集めてみました!

こんにちは!

東京都新宿区にある株式会社ecloreにて、事業部長をやっております望月と申します。 


先日、BYDのコンパクトEV『DOLPHIN』に試乗させていただきまして、その確かな実力に唸ったのは記憶に新しいところです。

ただ、ここでふと「ほかの人はBYDの電気自動車にどんな感想を抱いているのだろう」ということが気になり……。

 

そこで今回は、BYDの電気自動車に対するリアルな声を、いろいろな観点で集めてみたいと思います!


目次


BYDってどんな会社?

 

はじめに、BYDという会社について、簡単におさらいしておきましょう。 

 

BYDは1995年、中国の広東省深圳(しんせん)で、バッテリーメーカーとして創業しました。 

自動車事業に乗り出したのは、2003年に中国国営の自動車メーカーを買収してからで、2022年には、かの有名なテスラを抑えて、電気自動車販売台数で世界1位に輝きます! 

 

ちなみに、BYDが日本の「乗用車市場」に参入したのは2023年からですが、実は2015年からすでに、日本国内に電気バスを導入していたんですよ。 

 

そんなBYDは、現在日本で2種類の電気自動車を販売しています。 

一つは、SUVタイプの『ATTO3』です。 

こちらは、航続距離の長さと利便性の高さを売りにしています。 

対して、コンパクトカーである『DOLPHIN』は、取り回しの良さやお求めやすさが目を引く、エントリーモデルとなっています。 

 

BYDのスタッフが語る自社製品の強み

 

BYDの基礎情報と最新の車種について把握できたところで、ここからはBYDのスタッフさんに、直接自社製品の強みをお伺いしていこうと思います! 

 

今回お話していただけるのは、DOLPHINを試乗した際にサポートしてくださった、BYD横浜中央店の岡田さんです。



価格面

まずは、価格面から聞いてみましょう。 

 

望月: 

試乗の際にもお聞きしたんですが、やはりBYDは価格面での力の入れ方がすごいですよね。 

 

岡田さん: 

はい、なるべくお求めやすい価格で提供するというのは、BYD全体で強く意識している点です。 

ATTO3はメーカー小売価格が440万円なんですが、CEV補助金を85万円受け取れるので、実際の購入価格は355万円となります。 

DOLPHINも65万円の補助金が受けられるので、スタンダードモデルなら298万円、ロングレンジモデルなら342万円で購入可能です。 

いずれも、性能の高さを考えると破格の値段ではないかと自負しております。 

 

望月: 

ATTO3が、SUVにもかかわらず355万円というのもびっくりですが、DOLPHINのスタンダードモデルが300万円を切るのは、もっと衝撃的です……。 

お求めやすさの観点なら、ほかのどの電気自動車よりも頭一つ抜けていますね。 

性能面

BYDの電気自動車は、安いだけが魅力ではありません。 

走行性能やバッテリー性能が高いのはもちろん、回転式のモニターや広いラゲッジスペースなど、運転をより快適にする装備が搭載されているのも嬉しいポイントです! 

 

また、衝突を予測した際の自動ブレーキや、ドライバーの死角をカバーするアラウンドビューやアラートなど、安全装備も万全です。 

DOLPHINではそれらにくわえて、ペダルを踏み間違えた際の加速抑制機能や、子どもの置き去りを検知する機能なども追加されています。 

 

岡田さん: 

これらの装備がほとんど標準で搭載されている点が、どちらの車種にも共通する強みだと考えています。 

「必要な装備を追加したら、乗り出し価格が思いのほか高くついてしまった」ということにならないので、購入に際してあれこれ悩む必要がありません。 

 

望月: 

価格が安いだけの車はありますけど、BYDは全部込みでこのお値段、というところが素晴らしいですよね!  

デザイン面

さらに岡田さんは、デザイン面にも注目してほしいと話します。 

 

岡田さん: 

BYDの車のデザインを手掛けるのは、メルセデス・ベンツ出身のミケーレ・パガネッティ氏や、アウディ出身のウォルフガング・エッガー氏など、非常に豪華な面々です。 

300万~400万円台の車のデザインにここまで力を入れているメーカーは、現状BYD以外にはあまり見かけませんね。 

 

望月: 

両方試乗したからわかるんですけど、特に、内装の高級感が300万、400万円の車とは思えないんですよ。 

結構遊びがあるデザインなのに、ぜんぜんチープな感じがないのがうまいなあと思います。


また、さらに詳しくBYDの車種を比較した記事も公開していますので、気になる方はあわせてご覧ください。


  

実際にBYDの車を購入したお客さまの評判

 

実際にBYDの車を購入されたお客さまからは、どのような評判を得ているのでしょうか? 

良かった点

購入された方の多くが言及しているのが、コストパフォーマンスの面です。 

やはり、全部込みで300万円台、車種によっては300万円すら切るこのお求めやすさは、誰にとっても魅力的だと言えます。 

 

岡田さん: 

「最初から全部入りで、迷わないで済む点がいい」と感じられる方が特に多いですね。 

ここはBYDとしても意識していた部分なので、お客さまに喜んでいただけて幸いです。 

 

また、「走っていて気持ちが良い」という感想も多いそうです。 

BYDの電気自動車は、モーターゆえの加速力をもちつつも、ガソリン車のようにスムーズに走り出せる調整が施されています。 

この点を、購入された方もしっかりと実感しているわけですね! 

 

岡田さん: 

走行面ではほかに、回生ブレーキの感覚にもお褒めの言葉をいただいております。 

「良い意味で電気自動車らしさがなく、既存のガソリン車から乗り換えても違和感がない」とのことでした。 

 

望月: 

私も試乗したときに同じことを思いました! 

ATTO3とDOLPHINのどちらも、全然違和感なく運転できるんですよね。 



このほかには、以下のような声があったそうです。 

 

ATTO3・DOLPHINの購入者様からの声 

  • アクティブクルーズコントロールのおかげで高速道路の運転もすごく楽だった

  • ラゲッジスペースが広くてベビーカーも折りたたんで格納できた

  • 後部座席中央の足元にでっぱりがないので、ゆとりをもって広々と使える

 

総じて、優れたコストパフォーマンス、ドライブフィーリングの良さ、普段使いの際の利便性の高さなどが好評を博しています。 

改善してほしい点

一方で「ここは改善してほしい」という声も少なからず上がっています。 

 

意外と多いのが「内装が独創的すぎる」というご意見とのこと。 



望月: 

たしかに、ATTO3は特に攻めてるデザインだったので、好みが分かれる側面はあるかもしれませんね。 

 

岡田さん: 

2024年の春に日本で販売される『SEAL』は、シックで王道な内装になっているので、落ち着いたデザインを好まれる方は、そちらを検討していただければと思います。 

 

また、これはBYDの電気自動車に限った話ではないのですが、混雑しているところだと、充電スポットが空くまで待たされるのがつらい、という声もあるようです。 

この点については、日本政府が今後推進する、充電インフラの拡充に向けた取り組みに期待したいですね。 

 

BYDの車に対する世間的な評判

 

最後に、ATTO3やDOLPHINに対する世間の評判も少し見てみましょう。  

日本国内での評判

日本国内の主要な自動車メディアでも、ATTO3やDOLPHINは高評価を獲得しています。 

どの記事でも、やはりというべきか、コストパフォーマンスの面で驚嘆する旨が記載されていますね。 

装備や機能、デザイン面も、その完成度の高さを称賛する記事がほとんどで、「食わず嫌いせず乗ってみるべき」とまとめるところもあるほどです! 

 

また、自動車の専門家から見てもドライブフィーリングは文句なしのようです。 

「突出した部分がなく味気ない」という意見もありましたが、普段使いが中心になるなら、むしろメリットとも言えるのではないでしょうか? 

海外での評判

BYDの車は、国内だけではなく海外での評判も上々です! 

 

そもそも、ATTO3とDOLPHINはどちらも、日本で販売されるよりも前から国外では流通しているんです。 

ATTO3は2022年に販売されてから約20万台、DOLPHINは2021年の販売開始以降43万台も売り上げています! 

これだけの台数が販売されている時点で、十分に評価されていると言って差し支えないでしょう。 

 

海外の各種レビューサイトでも、両車種ともにおおむね好評価を獲得しています。 

日本のレビューサイトと同じように、コストパフォーマンスや実用性に優れる点が高く買われているようです。 

特にDOLPHINのスタンダードモデルは、その価格の低さが驚異的であると言及されています。 

電気自動車の普及が進む海外ですらこの評判なのですから、今後の日本での売れ行きにも期待できそうです! 


【関連記事】


BYDの車は国内外問わず良い評判を得ていた!



今回は、BYDの車に対する評判を、さまざまな観点で集めてみました! 

 

私がATTO3やDOLPHINに試乗した際に感じた魅力は、実際に購入された方も感じていたようで、聞いた限りはどのお客さまも満足されているようでした! 

また、両車種は国内外でも好評を博しており、その結果が海外での販売台数の多さにつながっているのだと言えます。 

 

「そこまで評判が良いならちょっと乗ってみたいな」と興味を持たれた方は、ぜひBYD横浜中央店まで試乗にいらしてください! 



監修者情報

監修者:もっちー 

東京都新宿区の株式会社ecloreにて、Webサイト編集長兼Webマーケティング事業部長を担当。 

大手美容クリニックのマーケティング担当を経て参画し、現在は自社サイトである『Rank-Quest』の提供するSEOサービスを統括する。 

 

今回試乗させていただいたディーラー様:BYD横浜中央店 

所在地:神奈川県横浜市中区長者町1丁目4−14 

電話番号:0120-045-089 

営業時間:10:00~18:00(毎週火曜日、水曜日は定休日) 

 

対応いただいた担当者様:岡田智美さん 

 

『ATTO3』をはじめ、BYDの電気自動車に興味がある方は、ぜひお問い合わせください。

なお、BYD ATTO 3の試乗レポートBYD DOLPHINに試乗した際のレポートも公開しているので、ぜひ参考にしてみてください!



ความคิดเห็น


bottom of page