top of page

電気自動車(EV)の仕組みや機能を詳しく解説



徐々に普及してきた電気自動車ですが「正直どのような仕組みで動いているのかわからない……」という方も多いのではないでしょうか。

電気自動車は電気をエネルギー源として動くため、走行中に二酸化炭素を排出しない、エコな乗り物です。


本記事では、電気自動車の仕組みや、主にどのような機能が備わっているのかを詳しく解説します。

従来のガソリン車から、電気自動車への乗り換えをお考えの方は、参考にしてください。


目次


電気自動車(EV)の仕組み


電気自動車は、ガソリンの代わりに電気を燃料として走る、環境に優しい新時代の乗り物として、注目を集めています。

しかし、電気自動車がどのような仕組みで動いているのか、正確に理解している人は少ないかもしれません。


電気自動車は床下にバッテリーを搭載していて、そこに蓄えた電気を使ってモーターを駆動させます。

モーターがガソリンエンジンの役割を果たすので、走行時に排気ガスが出ることはありません。


なお、電気自動車は燃料としてガソリンを要しないので、給油口ではなく、充電ポートが備わっています。

航続距離(走行距離)

電気自動車をフル充電したときの航続距離は、短い車種でも200km以上、長い車種では500~800km程度です。


一般的な航続距離が600~1500km程度のガソリン車と比べると、どうしても劣っているように感じてしまいますが、だからといって使い勝手が悪いとは限りません。

コンビニエンスストアやパーキングエリアなど、電気自動車の充電スポットのある場所は、身近に存在しています。

これらの充電スポットを活用すれば、航続距離について不自由に感じることは少ないはずです。

回生ブレーキ

電気自動車特有の機能の1つに「回生ブレーキ」があります。

この回生ブレーキによって、走行時に生じる運動エネルギーを、電気エネルギーに変換して、再利用することが可能です。


走行中の自動車を減速させるときには、必ずエネルギーが発生します。

従来のガソリン車では、減速時に運動エネルギーを熱エネルギーに変換し、大気中に放出する「摩擦ブレーキ」が採用されていました。


一方で、電気自動車の場合は、減速時にモーターが発電機として作動し、自動でバッテリーに充電される仕組みとなっています。

エネルギーを無駄にせず、航続距離を伸ばせる点が、回生ブレーキのメリットです。


【関連記事】


電気自動車とほかのエコカーの違い


従来のガソリン車やディーゼル車とは異なり、環境に優しい燃料で動く自動車をエコカーといい、電気自動車もその一種です。

日本では、排気ガスの排出量や燃費が一定の基準をクリアしている自動車のみが、エコカーに認定されます。


エコカーは燃料の違いによって、いくつかの種類に分けられます。


【エコカーの種類】

種類

燃料

燃料

電気自動車(EV)

電気

車載バッテリーに電気を蓄えて、モーターを回転させて走る

ハイブリッド車(HV)

電気、ガソリン

エンジンとモーターの2種類の動力源がある

※ただし、外部からの充電は不可能

​プラグインハイブリッド車(PHV)

電気、ガソリン

エンジンとモーターの2種類の動力源がある

外部からの充電が可能で、HVよりもモーターで走れる距離が長い

燃料電池車(FCV)

水素

水素と酸素の化学反応で電気を生み、モーターを回転させて走る

広義では、電気を用いる車全般を電気自動車とよび、ハイブリッド車やプラグインハイブリッド車も含まれます。

特に電気のみを用いて走る車を指すときは、バッテリー式電気自動車(BEV)とよばれるのが一般的です。


【関連記事】


電気自動車(EV)の走行モード


電気自動車にはほかの自動車と同様に、さまざまな走行モードが備わっています。

走行モードとは、道路の交通量や状況に応じて、走行をサポートする機能です。


環境ごとに適切な、速度やアイドリングの設定が、ボタン1つで切り替えられます。

走行モードを使いこなせば、電気の消費を抑えられるため、うまく活用したいところです。


走行モードの名称はメーカーや車種によって異なりますが、今回はBYDの『ATTO3』を例に、どのような種類があるのかを見てみましょう。

ノーマルモード

その名の通りノーマルモードは、モーター出力と電費のバランスに優れた、標準的な走行モードです。

電気自動車ならではの、静かで落ち着きのある走行を体感できます。


特に配慮が不要な場面では、ノーマルモードを選択しておけば間違いありません。

エコモード

ガソリンの代わりに電気を使って走る電気自動車では、燃費の代わりに電費という言葉が用いられます。

モーターの出力を抑制して、電費を向上できる走行モードが、エコモードです。


出力を抑えるといっても、市街地を普通に走行するのであれば、十分に安定感のあるパフォーマンスが発揮されます。

スポーツモード

疾走感のある走りが求められる際には、スポーツモードをお試しください。

スポーツモードの状態でアクセルを踏み込むと、素早く加速して、電気自動車の力強さを感じられます。


高速道路では、ノーマルモードからタイミングを見て切り替えてみましょう。


電気自動車(EV)の機能


最新のテクノロジーが注ぎ込まれた電気自動車には、従来のガソリン車にはなかった便利な機能が多数備わっています。


ここからは、快適なドライブの実現をサポートしてくれる、電機自動車の代表的な機能を紹介します。

どのような機能が使えるのかは車種によって異なりますが、購入を検討する際の参考にしてください。

機能①電力消費表示

ガソリン車の場合は、燃料の消費量をガソリンランプで確認できますが、電気自動車でも同じように、電力消費量の確認が可能です。

モーター、エアコン、オーディオなど、それぞれの電力消費を確認できるため、どの機能にどれくらい電気を使っているのかが、ひと目でわかります。


また、エアコンをつける場合とつけない場合で、航続可能距離がどれくらい増減するのかも把握できます。

表示された情報をもとに、充電を要するまでの残り時間を判断しましょう。

機能②充電スポット案内

一部の電気自動車では、現在地の情報を取得して、周辺の充電スポットを検索できます。

目的地に向かう途中で充電が必要な際に、役立つ機能です。


マップ上に充電スポットを表示し、現在地からの道のりをナビゲーションしてくれます。

なお、自宅周辺の充電スポット情報を、自動的に更新してくれる車種もあります。

機能③タイマー充電

電気会社との契約によっては「電気料金が安い夜間に、電気自動車を充電しておきたい」と考える方もいるでしょう。

そんなときに便利な機能が、タイマー充電です。


充電したい時間帯をあらかじめ設定しておけば、充電の開始と停止が自動で実行されます。

タイマーの時間は曜日ごとに設定できたり、1週間ごとに繰り返し利用できたりするので、毎日セットする必要はありません。

機能④リモート充電

タイマー充電を設定したうえで、設定時刻以外のタイミングで、車を充電したい場合に役立つのが、リモート充電の機能です。


通常、電気自動車は、充電ポートに接続した瞬間に充電が始まりますが、先ほど紹介したタイマー充電を設定している場合、設定時刻にならなければ充電が行われません。

リモート充電では、電気自動車から離れていても、遠隔操作で充電を開始できるため、イレギュラーな事態にも対応できます。

機能⑤省エネルート案内

電気自動車は山道や高速道路などを走るときに、通常より多くの電力を消費します。

そのような道を避けて、電費のよいルートを提示してくれるのが、省エネルート案内です。


また、到着時のバッテリー残量の予測も教えてくれるので、ルート選びの際に役立ちます。


【関連記事】


電気自動車(EV)のメリット


ここまでで、電気自動車にさまざまな便利な機能が備わっていることを理解いただけたのではないでしょうか。


ここからは、電気自動車を利用するメリットについて、あらためて紹介します。

メリット①走行中の騒音が少ない

電気自動車のメリットとして、まず挙げられるのは、騒音の少なさです。

ガソリンエンジンを使わない電気自動車は、振動や騒音が少なく、静かに走行できるので、早朝や深夜の運転も問題ありません。


また、静かではあるものの、加速力は強く、スムーズに運転できます。

メリット②二酸化炭素を排出しない

電気自動車は電気を燃料としているので、走行中に二酸化炭素を排出しません。


製造の過程で二酸化炭素を排出している点が問題視されているものの、今後は再生可能エネルギーを利用することで、改善されていくと予想できます。

長期的に見て、地球に優しい乗り物である点は間違いありません。

メリット③非常用電源として使える

電気自動車は、電気を蓄えたバッテリーを非常用電源として活用できます。

家庭用コンセントから電気を利用できない場面でも、車両に接続することで給電できるため、アウトドアや災害時に重宝します。


なお、非常用電源として活用するには、専用の車載コンセントが必要です。


【関連記事】


電気自動車は便利な機能が満載の新時代の乗り物


今回は、電気自動車の仕組みと、利用できる代表的な機能を紹介しました。

電気自動車には従来のガソリン車にはなかった、便利な機能が多く備わっています。


メーカーや車種によって、走行モードや機能に差があるものの、うまく使いこなせば快適なドライブライフが実現します。

そのため、電気自動車を選ぶ際は、それぞれの車種にどのような機能が備わっているのか、確認したいところです。


BYD横浜中央では、最新技術を搭載した電気自動車を、多数取り揃えております。

車種ごとの機能についても詳しく説明させていただきますので、ぜひ足をお運びください。


また、『BYD ATTO 3』と『BYD DOLPHIN』の試乗も可能です!

BYD ATTO3の試乗レポートと、BYD DOLPHINの試乗レポートも公開中ですので、ぜひあわせてご覧ください。


BYD ATTO 3の試乗レポートはこちら

BYD DOLPHINの試乗レポート

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page